Saturday, May 30, 2015

Travel to Tottori prefecture 3:  Misasa hot-spring resort area


鳥取旅行 3: 三朝温泉

  


< 1.  garden of Saiki-bekken hotel in the morning >
< 1. 斉木別館の朝の庭 >

Today, I introduce Misasa-Onsen and our Japanese-style hotel.
今日は、宿泊した三朝温泉と旅館を紹介します。

About Misasa-Onsen
Misasa-Onsen is along a river flowing from a back valley of Kurayoshi city facing the Sea of Japan in Tottori.
This hot spring is the second biggest hot spring in Tottori, and the history is very old, at 850 years ago.
Famous great writers of Meiji era visited here much.
We stayed in Saiki-bekken that is a long established and Japanese-style hotel.

Photo 1: a bird like river cormorant came flying from anywhere, and stayed at the lower left of the pond in the morning.


三朝温泉について
三朝温泉は日本海側の町、鳥取県倉吉を山間に入った川沿いにあります。
この温泉の集客数は鳥取県内で二番目に多く、歴史は古く、850年もあります。
明治時代の著名な文豪が多く訪れていました。
私達は、老舗の旅館である斉木別館に泊まりました。

写真1: 朝、一羽の川鵜らしい鳥が池の左下に飛来して来ました。
竹林とサツキ、池の鯉と鳥、4棟の離れが実に趣があります。



< 2. Saiki-bekken hotel >
< 2. 斉木別館 >
Upper photo:  a whole view of this hotel from the front door side.
Central photo: a view of garden of dusk.
Lower photo:  a bamboo grove is located in front of an outdoor hot spring bath.

上の写真: 玄関側から見た旅館の全景。
中央の写真: 夕暮れの庭。
下の写真: 竹林が迫る露天風呂。



< 3.  Dinner >
< 3. 夕食 >
We took this dinner along with seeing a bamboo grove in another room. 
There were 12 kinds of dish and we added two kinds else.
The lower photo is the menu served first: hors d'oeuvres, sliced raw fishes, and small bowls.
These are variously seasoned dishes made of seaweed, soybean curd (tofu), squid and fishes.


夕食は竹やぶが見える別室で食べました。
料理の品数は12種有り、他に2種類追加しました。
一番下の写真は、最初に出された前菜や造り、椀物です。
これらは海草や豆腐、イカや魚を様々に味付けしたものです。


< 4.  some dish >
< 4. 料理 >
A:  a boiled dumpling of taro.
B:  a grilled Spanish mackerel that is in season.
C:  a pan cooking of wild duck.
D:  tempura of Octopus and shrimp, and salt.
E:  a dessert.

A : 里芋の団子を茹でたもの。
B : 季節の魚、鰆の焼きもの。
C : 合鴨の鍋。
D : 蛸と海老の天ぷらと塩。
E : デザート。

We got satisfaction in the taste and the quantity.
If this Japanese food is compared to something, it may be Vivaldi's "The Four Seasons".
On the other hand, European food seems to be like Handel's "Music of the Royal Palace Fireworks.


それぞれの料理は少ないのですが、味と量、共に充分満足しました。
この和食を例えるならヴィヴァルディのバイオリン協奏曲「四季」のようなものかもしれません。
それに対して欧州の料理はヘンデルの「王宮花火の音楽」のように思えます。



< 5.  the hot spring resort area and an outdoor hot spring bath of another hotel
< 5. 温泉街と別の旅館の温泉 >
Upper photo: a view of the hot spring resort area from Kajika bridge in the morning.
We heard the great chorus of Kajika frogs when we took a walk through here in the morning.
Many fireflies will dance in the summer here.
Central photo:  there was a traditional Japanese-style hotel when we took a walk along a hot spring town street.
Lower photo: This outdoor hot spring bath is thing of Misasa-Kan hotel that we used in the middle of a night walk.
We could enjoy these baths of two hotels devised respectively.
These photos of hot springs borrowed from HP of each hotel.

Afterword
The noon was hot, but the night walk was cold.
I have visited at this hot spring resort area more than 20 years ago, but it seems to have changed.
We enjoyed atmosphere of hot springs after a long separation.

On the next time, I introduce a mountain temple in the steep place.


上の写真: かじか橋からの眺めた朝の温泉街。
朝、ここを散策するとカジカ蛙の大合唱が聞こえました。
夏は蛍が乱舞するそうです。
中央の写真: 温泉街で見かけた伝統的な旅館建築。
下の写真: この温泉は、夜の散策の途中で入った三朝館のものです。
2館の浴槽は、それぞれ工夫されていて楽しめました。
二枚の温泉の写真は、すべて旅館のHPから借用したものです。

あとがき
昼は暑かったが夜の散策は寒いぐらいでした。
この温泉街は20年以上前に来たことがあるのですが、変わってしまったようです。
久しぶりに温泉情緒を楽しみました。

次回は、急峻な所にある三徳山三仏寺を案内します。





Friday, May 29, 2015

ピケティの資本論 21: よくある偏見 1

  
*1

今までの20話で、格差に直接関わる問題を見てきました。
これから2回にわたり、警世の書に対するよくある偏見について考えます。


はじめに
皆さんの中には、ピケティの本にこんなイメージをお持ちの方がいるかもしれません。

「警世の書なんか当たったためしが無い!」
「こんな煽動の手には乗らないぞ!」

このことについて考えます。



    

警世の書
1970年に立ち上げられた「ローマクラブ」による報告書「成長の限界」の内容は鮮烈でした。
そこには地球の地下資源が早いものでは30年後には無くなると言うものでした。
現在、既にその期限が過ぎていますが、まだ資源は枯渇していません。

しかし、予測の基本は外れていませんし、そのおかげで世界は枯渇に向けて対策を打って来ました。
水産資源(漁獲)の自然の生産力は1980年代末にピークとなり、その後は養殖により増産を可能にしています。
希少金属や枯渇エネルギーの代替を既に進めています。
このような信憑性の高い報告書が世に出ず、また無視されていたら、おそらく悲惨な結果になっていたでしょう。

オゾン層の破壊の重大さが警告されたことによりフロンガスの使用が禁止され、地球温暖化防止の為に炭酸ガス排出の削減に世界は協力して取り組むようになりました。
人類が長らく嗜好して来たタバコの禁煙運動も然りです。
このような将来の健康や環境、資源を守る為にグロバールな規制を人類は初めて半世紀前から行うことが出来るようになったのです。



< 3. ローマクラブが発表した地球の未来像 >

煽動はあるのか
「21世紀の資本」において、ピケティの指摘は鋭いが経済的事実だけを述べるに留まり、歯痒いぐらい非難することを避けている。
一方、「格差はつられた」において、クルーグマンは多くの事例を挙げ政治を食いものにする人々の良心を問うている。

確かにピケティもクルーグマンも保守的ではない。
ピケティはフランスの社会党寄り、クルーグマンは米国の民主党寄りだろう。
しかし、彼らを煽動家と言うなら、彼らの挙げている経済データーや説明が虚偽かを問うべきでしょう。
私は、彼らの提示している経済データーや説明に間違いを見つけることが出来ない、不明なところや仮定に確信を持てない部分はあっても。
彼らの指摘は、概ね正鵠を射ていると思うのだが。

もし彼らを煽動家と言うなら、もっと強大な煽動集団が存在する。
マスコミ、学者、研究機関、政府が結託して煽動している状況は世界で進行している。
これは欧米先進国の中では、米国の国防や経済について最も悪化しているように思える。
巨大企業と超富裕層は、多くの研究機関や研究者を要し、都合の良い学説や調査結果を、豊富な資金力で広告や記事として流している。
実際、二大政党寄りのマスコミや研究機関の数には大きな開きがある。

日本でも、つい最近まで原子力産業において産官学やマスコミとの癒着があったことは周知の事実です。
それは非常に簡単な理由で、皆「金」に弱いのです。
これらについて、いずれ連載「社会と情報」で扱う予定ですが。

次回に続きます。



Wednesday, May 27, 2015

Travel to Tottori prefecture 2: Nature and scenery of Mt. Daisen


鳥取旅行 2: 大山の自然と風景




< 1.  a top-down view of Hiruzen Kogen from Kimendai (viewing platform) >
< 1. 鬼女台から蒜山高原を見下ろす >

Today, I introduce the nature and the scenery of Mt. Daisen that I strolled around.

今日は、大山を散策して出会った自然と風景を紹介します。


< 2.  views of Hiruzen Plateau and Shimane Peninsula >
< 2. 蒜山高原と島根半島を望む >        
Upper photo:  I saw beyond a leisure land to Mt. Daisen from Hiruzen Plateau.
Central photo:  A top-down view of Hiruzen Kogen from Kimendai of Daisen Parkway.
Lower photo: I saw Miho Bay from Masumizu Plateau, and could see beyond it to Shimane Peninsula.
                                                                           
上図: 蒜山高原からレジャーランドの向こうに大山を望む。
中央図: 大山パークウェイの鬼女台から蒜山高原を見下ろす
下図: 桝水高原から眼下に美保湾、その向こうに島根半島が見える。



< 3.  a mountain torrent >
< 3. 木谷沢渓流 >
This is a mountain torrent that is near Kagikake-Touge along Daisen Parkway.
The forest surrounded by fresh green leaves shining beautifully, the bubbly stream with lashing hard against rocks, and these were just Japanese early summer.

ここは鍵掛峠に近い大山パークウェイ沿いにある渓流です。
照り映える新緑に包まれた森と岩をはみ泡立つ流れは、まさに日本の初夏でした。



< 4. Daisen-Ji Temple and the approach >
< 4. 大山寺と参道 >
Upper photo:  Traditional inns are located in a line along the main approach to the temple.
Central photo: There is the main gate of the temple on where we reach the peak of the approach.
There is the main hall of the temple in this back.
Lower photo:  The approach going around the left side there is a stone pavement to a shrine.

上図: 昔ながらの旅館が並ぶ大山寺の参道本通り。
中央図: 参道本通りを上り詰めた所にある山門。この奥に本堂がある。
下図: そこを左に迂回して大神山神社に向かう石畳の参道。




< 5.  Kin-Mon >
< 5. 金門 >

When we diverge to the right side from the approach to the shrine, we can see it.
This photo is a view of the downstream from Moto-Dani valley.
As winter comes, the snowcapped big rocks are very beautiful.

On the next time, I introduce Misasa hot-spring resort area and our inn.

ここには、先ほどの石畳の参道を途中で右に上ると出られます。
写真は元谷側から、下流側を写しています。
ここは冬になると、雪を被り、水墨画の風情になります。

次回は、三朝温泉街と旅館を紹介します。




Tuesday, May 26, 2015

Capital of Piketty 20: A fact that has occurred in the world now 3


ピケティの資本論 20: 今、世界で起きていること 3





< 1.  a caricature of subprime loan problem >
< 1. サブプライム問題の風刺画 >

Last time, we saw the miserable state of Asian Financial Crisis and the behavior of investors.
This time, we think about how we should deal with enormous speculative funds.

前回、アジア通貨危機の惨状と投資家の言動を見ました。
今回、莫大な投機資金にどう対処すれば良いかを考えます。

The evil is being repeated everywhere
Speculative funds go around the world, and economic bubbles continue to occur in futures instrument (crude oil, cereal), financial instrument (bonds, stock) and real estate.

The subprime loan problem in 2007 was an artificial failure that a strong greed for speculation and a new financial engineering supporting it invited.
The beginning was an economic stimulus package by the U.S. government and a policy that promoted home ownership for the weak.
This world financial crisis from this United States entangled Europe and hit Iceland, Greece directly and led to EU collapse crisis.

The damage keeps becoming big with each financial crisis repeated, and the exit isn't found at all.
This kind of economic bubble burst has repeated this several centuries.
As the greed for speculation begins to get exciting, businesspersons and economists become an accomplice of it, before long the government tries to control it, and at last the three-way struggle starts.
Even if there is a difference in the collapse time and the seriousness, the bubble collapses after all.


弊害はいたるところで繰り返されている
投機資金は世界を駆けめぐり、先物商品(原油、穀物)、金融商品(株)、不動産でバブルを生み続けています。
生活物資(ガソリン)の値上がりもその一例でした。

2007年のサブプライムローン問題は、旺盛な投機欲とそれを支えた新金融技術が生みだした破綻でした。
発端は、米政府による景気刺激策と弱者への持ち家奨励策でした。
この米国発の世界金融危機はヨーロッパを巻き込み、アイスランド、ギリシャを直撃し、EU崩壊危機にまで至りました。
幸いにも日本銀行は通貨発行量を長年抑えていたおかげで被害は少なくて済みました。

金融危機は繰り返す度に被害が大きくなるばかりで、まるで出口が見つからない。
この手のバブル崩壊や恐慌は、ここ数世紀繰り返されて来ました。
旺盛な投機欲がうねり始めると、それに加担する実業家と経済学者が活躍し始め、やがてそれをコントロールしようとする政府がみつどもえになって格闘することになります。
結局、崩壊時期と深刻さに差はあっても必ずバブルは崩壊します。
詳しくは、私の連載「デマ・偏見・盲点 6~8: 通貨の罠1~3」を参照下さい。



< 2.  Enron Corp. collapsed in 2001 >
< 2. エンロンの破綻 >

Where is the answer?
If a person murders several people, the person should go to prison for life.
On the other hand, the speculator caused Asian Financial Crisis, let hundreds of thousands of people die, and made tens of millions of people poor.
However, the criminal became acquittal.
But, under present circumstances, the agreement punishing only George Soros from many speculators can't get.

Let’s think about the following example.
An enormous volume of the possession spread because the possession of TNT gunpowder was freedom.
Sometime, the TNT powder magazine of somebody was struck by thunderbolt, these exploded like a chain reaction from here, and tens of thousands of dead arose.
The person having possessed the powder magazine struck by the thunderbolt insisted.
 "I am a victim and have no responsibility for it".
Where is the problem?

The answer is easy.
It is simply that there were not a regulation law of the possession and the law didn’t prescribe the possessor’s responsibility.


答えはどこにあるのか?
数人を殺したら終身刑ですが、アジア通貨危機を起こして、おそらく数十万人以上を死に追いやり、数千万人以上を困窮に追い込んでも犯人は無罪放免です。
しかし現状で、多くの投機家の中からジョージ・ソロス一人だけを罰することに合意は得られないでしょう。

そこで以下の例を考えて見ましょう。

TNT火薬の保有が自由なため、大量保有が普及していました。
あるとき、誰かの火薬庫に落雷があり、そこから連鎖的に爆発し、数万人の死者が出ました。
火薬庫に落雷を受けた人は、「私は被害者であり、一切責任は無い」と主張します。
何処に問題があるのでしょうか?

答えは簡単です。
保有規制の法が無かったこと、保有者の責任を法で規定していなかったことに尽きます。



< 3.  Nuclear plant accident of Fukushima >
< 3. 福島の原発事故 >

Conversion of our consciousness is needed.
In fact, the relation between the right (freely) and duty (responsibility) of company was a repeated problem in history.
If a government has cozy relations with a company and industrial priority is too much, the government eases the regulation law for it and then the business liability becomes sweet.
In those days, the U.S. President demolished a better way that O’Neill of the Secretary of the Treasury had sued for the corporate health due to the reflection of the Enron failure.
Japan was also similar.
Tsunami is unexpected" "Five folds defenses is unnecessary” and "The business liability is immunity”, these became a remote cause of the nuclear plant accident of Fukushima.
These depend on longtime cozy relationship with the government and the company.
Practically, this was repeated in each country and has improved, but Japan is delayed.

We should notice this cozy relationship and the negligence going along deeply.

This continues next time.


意識の転換が必要です
実は、企業の権利(自由)と義務(責任)の関係は、歴史上繰り替えされた来た問題です。
政府が企業と癒着したり、産業優先が度を越したりすると法を緩和し企業責任が甘くなります。
当時、財務長官のオニールは、放漫経営によるエンロンの最大級の破綻を受けて、ジュニア・ブッシュ大統領に企業倫理の向上策を迫ったが無視された。
日本でも同様でした。
福島の原発事故の遠因になった「津波は想定外」、「5重の防御は不要」、さらに「企業責任は免責」などは、政府と企業の長年の癒着によるものでした。
あらかじめ政府が企業に有利な法制や行政指導を与えておけば、企業責任を小さく出来ます。
JR福知山線脱線事故なども同様の結果と言えます。
これは各国で現実に繰り返され、かつ改善されているが、日本は遅れている。

私たちは、この深く進行している怠慢と癒着に気づくべきです。

次回に続きます。







Sunday, May 24, 2015

Travel to Tottori prefecture 1: Grand Mt. Daisen


鳥取旅行 1: 大山の雄姿

*1

I went around a mountain, seashore and a hot spring of Tottori prefecture by car at May 21 and 22.
The main sightseeing spot is Mt. Daisen, Misasa-Onsen (hot spring), Sanbutsu-ji (temple), Tottori Port, Uradome Coast.
Today, I introduce grand Mt. Daisen.


私は5月21、22日に鳥取県の山と海岸、温泉を車で巡りました。
主な観光地は、大山、三朝温泉、三徳山三佛寺、鳥取港、浦富海岸です。
今日は、大山の雄姿を紹介します。



< 2.  map of Mt. Daisen, the upper side of this map is north side >
< 2. 大山の地図、上部が北方向 >
The alphabet of these photos shows the shooting location on this map.
写真のアルファベットはこの地図の撮影地点を示している。 

About Mt. Daisen

Mt. Daisen is a volcanic mountain located in Tottori Prefecture, Japan.
This mountain has an elevation of 1,729 meters, and the highest in the Chūgoku region. 
The central part was blown off by an eruption that happened tens of thousands of years before, and an approximately 1 km of ridgeline of C type continues.
The width of the ridgeline is only 20-30 centimeters, and the left and right of the ridgeline are several hundred meters of steep cliff, and traversing is prohibited.
The foot of the mountain is about 35km in a north and south direction, and the snowcapped aspect from the west is compared to Mount Fuji.
This has been the subject of mountain worship from ancient times. 
Today, this area attracts widespread popularity as a national park, leisure on the plateaus, ski, and mountain climbing.


大山について
大山は中国地方の最高峰(1729m)で、独立峰の火山です。
数万年前の噴火で中央部が吹き飛び、C型の稜線が1km程続いている。
その稜線の巾は数十㎝しかなく、左右は数百mの絶壁で絶えず崩落しており、縦走は禁止されている。
山の裾野は南北35kmあり、雪を被った西側からの姿は富士山に例えられる。
ここは古くから山岳信仰、現在は国立公園として高原のレジャー、登山、スキーで親しまれている。

今から約40年前、私はここに登山やスキーに幾たびか来ました。
稜線を怖々歩いたことが懐かしい。
その後、家族を連れて、蒜山高原には幾たびもドライブで訪れました。
ここは懐かしく、好きな山です。



< 3.  views from south side >
< 3. 南側からの雄姿 >
A:  a view from Syouou S.A. of Chūgoku Expressway.
B:  a view from Kimendai (viewing platform) of Daisen Parkway.
D:  in the middle of Daisen Parkway.

A: 中国自動車道の勝央SAからの眺め。
B: 大山蒜山パークウェイの鬼女台(展望台)からの眺め。
D: 大山蒜山パークウェイより。



< 4. a view from Kagikake-Touge (viewing platform) >
< 4. 鍵掛峠(展望台)からの眺め >



< 5.  a view from Moto-Dani in the north side of Mt. Daisen >
< 5. 大山北側の元谷から >

I rose to Moto-Dani by walking for about 30 minutes from Daisen-Ji.
元谷へは大山寺側から徒歩で30分ほど昇って行きます。





< 6.  views from the north side and the west side >
< 6. 西側と北側からの眺め >
G:  a view from Masumizu-Kougen. A view from this west side is called Hoki-Fuji.
H, I:  in the middle of till Daisen I.C. of Daisen Parkway.
G: 桝水高原からの眺め。この西側からの眺めが伯耆富士と呼ばれます。
HI: 大山寺から大山IC間の道路から振り返った眺め。

Afterword
As the altitude of the moving route became high, it became cool, and I could enjoy comfortable drive.
Blessed with splendid weather, the colors of fresh green and flowers were just gorgeous.

On the next time, I introduce other nature and scenery of Mt. Daisen. 


あとがき
標高が高くなるにつれ涼しくなり快適なドライブを楽しめました。
すばらしい快晴に恵まれ、新緑と花々が目に鮮やかでした。

次回は、他の大山の自然と風景を紹介します。
 



Saturday, May 23, 2015

Capital of Piketty 19: A fact that has occurred in the world now 2


ピケティの資本論 19: 今、世界で起きていること 2



< 1. Thailand >

Last time, we saw the existence of the vast funds that wriggled in the world.
This time, we see how this brings big evil.

前回、世界でうごめく莫大な資金の存在を見ました。
今回、これが如何に災いをもたらすかを見ます。

Seeing an insolence of one billionaire
Does everyone have the experience plagued with the speculative funds?
Didn’t we just know it?

In 1997, Thai currency was made a short selling by a certain hedge fund, and the currency slumped, and Asian Financial Crisis occurred.
Because of this, business failures and unemployment occurred in large quantities, the damage extended to Asian whole area and Russia, and IMF pumped approximately 20 billion dollars into the rescue of it.
Japan performed the highest possible financial support and grant aid of 30 billion dollars for the economic recovery of Asian countries.
Of course, our tax is included here.

一人の億万長者の傍若無人さを見てみましょう
皆さんは彼らの投機資金で苦しめられた経験がありますか?
皆さんは知らないだけでしょうか?

1997年、タイの通貨が、あるヘッジファンドによって空売りされ、通貨が暴落し、アジア通貨危機が発生しました。
これにより企業倒産と失業が大量発生し、アジア全域とロシアまで被害が及び、IMFは約200億ドル(約2兆円)の救済を行いました。
日本はアジア諸国の経済回復のために300億ドル(約3兆円)の資金援助と無償援助と言う最大級の支援を行った。
当然、ここには国民の税金が含まれています。


< 2.  Investors George Soros >

George Soros who led the hedge fund obtained a large amount of profit, and his assets seems to reach 1,500 billion yen.
He didn’t go against the law, and it all was business.

そのヘッジファンドを率いたジョージ・ソロスは巨額の利益を得て、彼の資産は1兆5千億円になったでしょうか。
彼は法に抵触することをしていません、すべて合法的なビジネスです。


< 3. a book of George Soros >

He wrote about his participation in Asian Financial Crisis with his book "The New Paradigm for Financial Markets by George Soros".
After all, somebody would begin on. I just was early most. Rather, I taught the Thailand authorities a weakness of the currency management.”
In the previous United States, the financial regulation was severe, but it gradually became easy now."
The deregulation is a perfect fair wind for them.


彼はその著書「ソロスは警告する」で、アジア通貨危機への関与についてこう記しています。
「所詮、誰かが手を付けただろう、ただ私が一番早かっただけ。むしろ通貨管理の甘さをタイ当局に教えてあげたのさ」
「昔の米国は金融規制が厳しかったが、徐々に弛緩し、やりやすくなっている。」
規制緩和は、彼らにとって絶好の追い風なのです。


< 4.  Five countries suffered the most serious damage in Asian Financial Crisis >
< 4. アジア通貨危機の被害が大きかった5ヵ国 >

I introduce one part of the damage

The decline rate of the GDP was 56% in Indonesia, 34% in Malaysia, 30% in Korea, and 27% in Thailand.
The poverty ratio rose to 33% from 15% in Indonesia, and to 23% from 11% in Korea.
By the way, the population of Indonesia is 250 million.
The male suicide rate rose to 60% in Thailand, and to 45% in Korea.
The number of Korean suicides increased to 8,622 people of 1998 from 4,930 people of 1995.

What occurred in 500 million people of 5 countries of Asia?
By the remarkable rise of daily commodities and the unemployed person increase, starvation and malnutrition spread.
Furthermore, the budget reduction of the welfare and medical care by an advice of IMF forced them into a predicament.
In Thailand (the population is 67 million) only, the death due to pneumonia, tuberculosis and HIV increased to 50,000 in next five years.

Thus, rich person became richer, and poor person became poorer.


被害の一端を紹介します
GDPの減少率はインドネシア56%、マレーシア34%、韓国30%、タイ27%でした。
貧困率はインドネシアで15%が33%に、韓国で11%が23%に上昇した。
ちなみにインドネシアの人口は2億5千万人です。
男性の自殺率はタイで60%、韓国で45%上昇した。
韓国の自殺者数は1995年の4930人から1998年の8622人に増加した。

アジア5ヵ国の国民5億人に何が起きたのか。
生活物資(食料など)の高騰と失業者増大で、飢えと栄養失調が蔓延した。
さらにIMFの勧告による福祉・医療予算の削減が輪を掛けて彼らを追い込んだ。
タイ一国(人口6700万人)で、その後の5年間で肺炎、結核、HIVによる死亡者数が5万人増加した。
これには貧困による売春増加の感染症も含まれる。

こうして、富む者はより潤い、貧しい人はより塗炭の苦しみを舐めることになった。

Their arrogance

The speculators acquired big money without making effort by crushing on a weak part of the currency management of Thailand with a large quantity of funds.
When they know that a person will become a serious illness, they make the illness worse, and then they make the person buy costly specific medicines
They don't choose the means to make big profit.
George Soros caused this big damage, but he didn’t apologize in his book, and the same big evil will be repeated again.


彼らの傲慢さ
投機家は通貨管理の弱いタイを大量の資金で潰すことにより、労せず大金を獲得しました。
相手が大病に成りそうだと知れば、悪化させてから特効薬を法外な値段で買わせるのです。
彼らは儲ける為に手段を選ばないのです。
ジョージ・ソロスは、これだけの大きな被害を出したにもかかわらず、彼の著作で一言も詫びていませんし、また同じことを繰り返すでしょう。

What is the problem?
It will be impossible to control desire for money, but we must take some means to minimize the damage.
Today, possessing huge money is equal to give a loose rein to possessing mass weapons.
If a regulation becomes excessive, it causes economic recession.
But the deregulation for finance became excessive today, and the evil will grow bigger in future.

This continues next time.


問題はどこにあるのか
社会に大きな被害が出た場合、人々はそれが繰り返さないように手段(法整備、政策)を講じて来ました。
あまたいる投機家から犯人を特定出来ない、危機管理が弱いタイ(被害者)が悪いでは済まされない。
旺盛な金銭欲を抑えることは無理でも、被害を最小にする何らかの手段を講じなければならない。
莫大な資金保有は、現状では大量の武器所有を野放しにしているのに等しい。
規制が過ぎると景気後退を招きますが、今まで見てきたように、現状は金融の規制緩和と富裕層への減税が顕著で、放置すれば今後さらに弊害が大きくなるでしょう。


次回に続きます。




Wednesday, May 20, 2015

Capital of Piketty 18: A fact that has occurred in the world now 1


ピケティの資本論 18: 今、世界で起きていること 1



 
*1

Last time, I saw the direct tax of progressivity would save our country.
In three times, we look at what huge amounts of money have caused at the world now.

前回、累進性の直接税が国を救うことを見ました。
これから3回に分けて、莫大な資金が世界で何を引き起こしているかを見ます。

There should be a person who has a doubt at my last article.
What about the right of a wealthy class, then?
The post-tax income of the wealthy person was reduced to 44 million yen in about half by the progressivity of income tax (50%) from 94 million yen of the consumption tax (10%).
Under such circumstances, may you feel sympathy as he became dire situation?
But you don’t need to think so.
The remainder income is invested in full, and increases steadily.
The average actual yield is 4%, but it becomes up to nearly 8% if the investment amount is most big.
As the increase rate becomes 7% in total of the yields 4% and inflation rate 3%, the 44 million yen swells to 87 million yen in ten years.
This is only money that arose from the annual rest.
On the other hand, lower-income class has not been able to deposit even 1 yen.

In fact, this is a main cause of the disparity expansion that Piketty bring up.


前回の記事で疑問を持たれる方があるはずです
富裕者の立場は、どうなるの?
富裕者の税引き所得は消費税10%の9,400万から累進所得税50%で4,400万に半減しました。
これではあまりにも酷すぎると同情されるかもしれません、しかしそうでも無いのです。
この所得の残りは全額が投資(投機)に回されドンドン増えるのです。
実績の平均利回りは4%ですが、投資額が大きければ最大8%近くなります。
インフレ率3%で利回り4%で計7%になり、4400万は10年間で8700万に膨れ上がります。
これは1年間の残余分から生じたものに過ぎません。
一方、低所得層は一銭も預金出来ずでした。

実は、これがピケティの指摘している格差拡大の一端でもあります。

What is happening in the world now?
Because Piketty explained with his book in detail, I show only the main point here.


今、世界で何が起きているのか
ピケティが著書で詳しく説明していますので、ここでは要点だけを述べます。



< Graph 2.  Private capital in rich countries, by “Capital in Twenty-First Century” >
< グラフ2.欧米の民間資本(GDPとの比率)、「21世紀の資本」より >

It is difficult for common people to imagine it.
Total private capital of each country swells to 4 - 7 times of the GDP in the United States and the major powers in Europe.
Then, it was only 2 - 3 times of the GDP in the latter half of the 1970s.
Furthermore, a portion of wealthy person came to hold most of the wealth.

The Japanese budget deficit easily solves by imposing a little of property tax for 30 years to a wealthy class, such as a tax rate 1% every year.
Assets of the wealthy class still keep increasing, because the actual investment profit is 3 % (= 4% - 1%).
As a result of this, a consumption tax making our economy worse becomes unnecessary.


私達庶民には想像しにくいのですが、ピケティによると各国の総民間資本は、欧米主要国でGDPの4倍から7倍に膨れ上がり、増加の一途です。
それも1970年代の後半においてGDPの2倍から3倍だったものが35年間でこのようになったのです。
さらに、その富のほとんどが一部の富裕層に握られているのです。

これなら日本の財政赤字は富裕層への少しの財産税、例えば毎年約1%で30年間を課すだけで簡単に解決してしまいます。
これでも富裕層の財産は増えるばかりです、なぜなら資産の運用益は毎年4%あるので、税引き後もまだ3%で増え続けるのですから。
これで経済を悪化させるような消費税は不要になります。



< Graph 3. Billionaires as a fraction of global population and wealth, by “Capital in Twenty-First Century”
< グラフ3.世界総資産に占める億万長者達のシェア、「21世紀の資本」より >

This graph shows that 30 billionaires per a 100 million adults possess 1.5% of wealth of the world.
In 2013, there are 1,400 people as billionaire having net assets 1 billion dollars or more in the world.
If 100 billionaires having oceans of money shake hands, there is nothing they can’t do.


このグラフから、成人1億人当たり30人の億万長者が、世界の富の1.5%を所有していることがわかります。
2013年、純資産10億ドル以上を持つ億万長者は世界に1400人にいた。
仮に、莫大な資産を持つ百人の億万長者が手を握れば出来ないことはないかもしれません(くわばら、くわばら)。

It is mainly two reasons that such thing has occurred.
A: Most of wealthy classes don’t consume almost, and they continue increasing annual income and previous fortune (inherited property) by investment.

B: From the 1980s, in Britain and the United States, the big reduction of tax for wealthy classes continues being carried out to stimulate the economy incentives.

Some tax avoidances such as tax haven also is supporting it.
The result seems to produce the repeated collapses of bubble economy.

Next time, we look at an enormous damage caused by an absurd fund.


このようなことが起きているのは、大きく二つの理由からです。
A: 富裕層はほとんど消費せず、毎年の所得とそれまでの財産(世襲財産も含む)を投資により年利4%以上で増やし続けている。

B: 1980年代から、英米を先頭に富裕層向けの大減税が行われ続けた。
現在も富裕層や企業向けに、経済対策と称してあらゆる優遇措置と金融政策が行われ続けている。
タックスヘイブン等の税逃れも、それを加勢している。
その結果が、繰り返すバブル崩壊を生んだと言えそうです。

次回、馬鹿げたファンドによる空前絶後の被害を見ます。